かに通販

産地直送のカニがおすすめ

産地直送のカニをチョイスする理由

新鮮な蟹をお手頃な価格で購入するためには産地のお店で購入する方がいいですね。わざわざ産地に行くのは大変ですからネットや通販で買うことが多いですね。産地直送のカニで生の場合、かに味噌や内臓は痛みやすいので流通の早さが勝負になりますね。

 

中には、リスクを避けるため防腐剤を使うところもあるようですがせっかく新鮮な蟹を買うのだからできるだけそれは避けたいですよね。 お店を選ぶときはよく確かめる必要があります。

 

人気の蟹の種類には、タラバガニ、ズワイガニ、毛がにがありますがこの三点の蟹を産地直送で購入できるのは北海道だけです。 理由は勿論、タラバガニは北海道の蟹だからです。と言っても水揚げされるのはオホーツク海ですが。

 

北海道の産地直送で購入するならこの三つを食べ比べてみるのも良いですね。 ズワイガニの場合はブランド名がついていなければ一番お手頃な価格で手に入ります。中には足のみなどの訳あり商品もありますから

 

 

大勢で鍋をするときに良いですね。


通販では実物を見て購入することができませんが、最近では購入時の様々なトラブルを避けるために店側もできるだけ良い品を提供できるように努力していますね。ネットショッピングでは口コミも参考になります。

産地直送で活けかにを愉しむ

冬になるとかにを食べたくなりますね。私は今まではボイルしてあるかにを買っていました。茹でる手間が省けるからです。 数が多いと結構大変なんですよね。でも鍋に入れるとボイル蟹はなんだか物足りないんです。

 

やっぱり活けかにの方が出汁がでて具材の野菜までしみこみ美味しくなりますよね。 何よりも最後の雑炊が全然違います。タラバガニの場合は蟹味噌が柔らかいので外してから鍋に入れないと鍋の中で散ってしまいますから注意が必要ですね。

 

産地直送のものなど新鮮なかにが手に入るなら活けかにを頼みたいですね。かにには毛がにの場合は塩を多めに入れるなどそれぞれのゆで方があるようですね。ゆで方さえ間違えなければ活けかにに勝るものはないと思います。焼く場合も活けかにの方が

 

 

かにの汁がよくでて美味しいですし蟹味噌に酒を少々入れて焼くと最高です。


こんな食べ方も生だからこそですね。 生の場合、料理のレパートリーも広がりますから食べ飽きないで良いですね。グラタンや天ぷらなど産地でしか楽しめない食べ方にも挑戦できますから但し素早く捌けるかが問題ですよね。